工法

基本工法

伝統的な工法で信頼性のある「木造在来工法」で自社施工を基本に施工を行っています。
断熱工法は断熱性、気密性の高い「外断熱住宅(SHS工法)」を採用し、地球環境に優しい住宅を建築しています。さらに、北海道が進めている「北方型住宅」に基づき住宅建築を行っております。

SHS外断熱工法

小岩組では、厳しい東川の冬をいかに快適に過ごすかを考え、断熱工法にSHS外断熱工法を採用しました。「外断熱」とは、家の外側(構造材の外側)を断熱材で、すっぽり覆ってしまう気密性の高い工法です。
「SHS」とは、「スタイロ・ハウス・システム」の略です。壁体内の結露を防ぎ住宅障害が起こりにくい、更に施工がしやすい板状の断熱材「スタイロエース」を使った断熱工法が「SHS外断熱工法」です。
「SHS外断熱工法」は財団法人建築環境・省エネルギー機構により、“省エネルギー性能”の評定を受けています。高気密で断熱性能が優れているので夏は涼しく冬は暖かで冷暖房費を低く抑えられるのでランニングコストがお得です。

くわしくは【北海道SHS会】ホームページへ

地中熱ヒートポンプ冷暖房システム

小岩組では、よりエコで地球環境に優しい住宅づくりの推進を目指し、“地中熱ヒートポンプ冷暖房システム”を提案しています。
地中50~100m地点の温度は、1年中10°C前後で安定しています。地中熱利用システムとは、この地中の熱を取り込み暖房に利用するシステムです。
地中からの自然エネルギーを採熱し暖房エネルギーを作ることにより暖房用使用エネルギー・CO2排出量を電気ヒーター暖房に比べて1/3以下に抑えることが出来ます。
また、全ての機器を屋内設置することが可能ですので本体の耐久性向上とともに、住宅の外観に配慮することもできます。

くわしくは【地中熱ヒートポンプシステム サンポット】ホームページへ

北方型住宅

北方型住宅とは、北海道が推進している冬の厳しい北海道の住宅に必要な基本性能に基準を設け、北海道に住む人達に安心の家づくりと快適な住環境を提供するための仕組みです。
「長寿命」「安心・健康」「環境との共生」「地域らしさ」という4つの基本性能を具体的な基準をもとに住宅建築をいたします。
サポートシステムにより、設計内容をチェックすることができるので安心です。 また、BISという認定技術者制度で技術者のスキル向上を行っています。
小岩組では、「北方型住宅」への登録を前提として住宅建築を進めております。

くわしくは【北方型住宅】ホームページへ

このページのTOPへ戻る

お問い合わせ

TEL
0166-82-2906
Mail
house@koiwagumi.com
東川町の住宅補助金
新しい北方型住宅「きた住まいる」
施工事例
東川の魅力
お客様の声
モデルハウス
お知らせ